フリーランスの節税 - フリーランスの情報サイト

フリーランスの情報サイト > フリーランスの節税

フリーランスの節税

企業に勤めていた人がフリーランスに転身する場合、だいたい課題としてあがってくるのが節税についてです。
これまで企業に勤めていたときはこういった問題はすべて会社側がやっていたことなので、自身に何か影響があるということはありませんでしたが、フリーランスになるということは自分が一国一城の主になるということなので当然節税も自分で考えてやっていく必要があります。

フリーランスの節税にもいろいろな選択肢がありますから、それらをあらかじめきちんと把握しておき、効果的な節税対策をして欲しいと思います。
それではここからフリーランスができる代表的な節税について紹介していきましょう。

まずひとつめは小規模企業共済と呼ばれるもので、これは簡単に言うとフリーランス向けの退職金共済制度のことで、掛け金は1か月あたり1,000円から70,000円の間で自由に設定できます。
しかもその全額が控除対象になりますし、加入の際のハードルも低いのでフリーランスにとってはとても効果的な節税になると言っていいでしょう。

次にフリーランスになると確定申告を自分でやらなければなりませんが、この際に青色申告か白色申告か選択することになります。
そして青色申告を選択することによって青色申告特別控除を受けることが可能です。
青色申告特別控除とは自身で帳簿などを作成することによって100,000円~650,000円の控除を受けられる制度になりますが、ハードルがやや高めになっていますし面倒なことも多いので余裕があれば税理士に相談しながら進めていくことをおすすめします。